押さえておきたい海外ウェディングの準備と段取り

バナー

押さえておきたい海外ウェディングの準備と段取り

ハネムーンを兼ねて、海外ウェディングをするカップルが増えています。

ポピュラーなのは、ハワイ、ヨーロッパ、オーストラリアなどです。プロデュース会社や旅行代理店で申し込みをすれば、挙式会場の予約、招待客の交通・宿泊の手配、現地との連絡もすべてお任せできますので、準備もそれほど大変ではありません。
自分たちの希望を伝えて、複数の会社から見積もりをとって比較検討するとよいでしょう。余裕を持って準備するには、できれば半年前までには申し込みを済ませるのが理想です。
海外ウェディングは、ふたりきりか、家族や親しい友人のみで行うのがほとんどです。



新婚旅行を兼ねたり、両家の親睦を深める旅行として考えれば、それほど割高ではありません。

しかし、招待客全員の旅費を捻出するのは大変なことです。そこで旅費は招待客に負担してもらうようにして、ご祝儀を辞退するケースが多くなっています。

旅費の負担については、招待する前に伝えるようにして、出欠の判断は相手に任せたほうがよいでしょう。

所沢のウエディング情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

また、エリアによって2つの婚姻スタイルがあります。

すごく便利なYoutubeの情報を探すならこちらです。

「ブレッシングウェディング」は入籍が済んでいることが原則で、教会によっては婚姻受理証明書がないと挙式ができません。

「リーガルウェディング」は、現地の民法に従って行いますので、未婚であるということが条件となります。
自分たちの希望エリアが、どちらなのかを事前に確認しておくことが大切になってきます。