エレクトロニクスについて

エレクトロニクスとは、電子工学ともいい、科学およびテクノロジーの一分野であり、様々な媒体や真空における電子の動きを制御して利用します。

電子の流れを制御することで、情報を処理し、機器を制御することを行い、弱電ともいい、電気工学と対比させた場合、電気工学は発電、発送、電力(強電と言います)の制御や応用を扱います。

リー・ド・フォレストが三極管を発明した1906年頃、電気工学からエレクトロニクスが派生し、三極管は電気信号を増幅可能な初の機械的でない能動素子であり、1950年頃まで、エレクトロニクスは無線工学とほぼ同義であり、無線送信機と受信機、それらに使用する真空管をはじめとする電子管についての設計や理論的研究が中心でした。


今日のエレクトロニクス機器の殆どは半導体素子を使って電子を制御し、半導体素子とそれに関連する工学は物理学と関係が深く、より応用に近い電子回路の設計や構築は電気工学と関係が深いです。


エレクトロニクス機器に使われる電子部品は、電子システム内で電子の振舞いやそれにかかわる力場に決まった形で影響を与え、システムが意図した機能を果たすようにするものであり、電子部品は一般に何らかの配線部品(プリント基板に半田付けするなど)で相互接続され、増幅回路、発振回路、フィルタ回路など特定の機能を持った電子回路を構成します。電子部品には個別にパッケージングされる場合と、集積回路の形で複合的にパッケージングされる場合があり、よく見られる電子部品としては、コンデンサ、抵抗器、ダイオード、トランジスタなどが有ります。
なお、電子部品はトランジスタやサイリスタなどの能動素子と、抵抗器やコンデンサなどの受動素子に分類されます。

エレクトロニクス機器・システムは、入力、信号処理、出力の部分からなり、テレビ受像機を例に取ると、入力はアンテナやケーブルテレビから得られる放送信号であり、信号処理回路は、放送信号から輝度や色や音声の情報を取り出し、出力は電気信号をLCDやスピーカ等によって映像や音声の形態に返還することによって実現されます。

http://www.pref.gunma.jp/cate_list/ct00000588.html
http://www.meti.go.jp/press/2014/08/20140805002/20140805002.html
http://www.sun.or.jp/

太陽光発電の設置のサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

太陽光発電情報を選びました。

千葉の太陽光発電に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

口コミ評判の高い太陽光発電のソーラーパネルはとても評判が良いです。

自分に合ったマンションの照明についての情報ををお探しの方は必見です。